コンテンツ4

てんてん保育園ワークショップ


今日は保育園主催のワークショップ「親と子の絆を深めるインファントマッサージ」が行われ生後2ヶ月~9ヶ月までの赤ちゃんとママたちに参加いただきましたshine

まずは、赤ちゃんの手足を動かしながらみんなで一緒に歌遊び♫
「はじまるよ はじまるよ♪」と「ころころたまご♫」を皆で歌った後、足からマッサージスタート

マッサージ②.jpg



赤ちゃんからのメッセージを感じながら、触れ合うことで愛情をしっかり伝え、言葉を話せない赤ちゃんとコミュニケーションを取りました。

赤ちゃんの成長は、まずは体が成長した後、心や脳への成長へと続きます。特に触覚や皮膚感覚を育むには、乳幼児期にいろいろなものに触ることが大切。中でも親と子の肌と肌の触れ合いは愛着関係を育みます。

赤ちゃんが泣いているとき、抱っこしてあげると泣きやみますよね。それは抱っこしてあげることで心が安定しているから。私たち大人も赤ちゃんと触れ合うことで癒されます。

このリラックスした愛着関係は「安心する」「気持ちがいい」というだけでなく、赤ちゃんの脳にもママの脳にもとても良いのです。それは、体の感覚や感情という成長が脳を活性化していくからです。

マッサージ①.jpg



「抱きぐせがつく」と心配されるママもいらっしゃいますが、赤ちゃんが抱っこを求めるのは健全な証拠。
乳幼児の時期に十二分に触れ合う機会を作り、たっぷりの愛情を注ぐことが心と体の成長を高めます。

もちろんそれは、母親や父親に限るものではなく、おじいちゃんおばあちゃん、私たち保育士でもたくさんの愛情を注いであげれば、その成長に差はありませんconfident

今日のインファントマッサージでは、マッサージの最中に気持ち良くて寝てしまった赤ちゃんもいて
リラックスした雰囲気の中で、みんなで楽しく過ごすことができたようでした。
マッサージ終了後、ママも赤ちゃんも優しい笑顔で会場を後にされました

ワークショップの帰りに園の見学に来園していただいた皆様ありがとうございました。
5月のワークショップは、ホームページやリビング新聞でもお知らせいたしますねshine