コンテンツ4

おててつないで


赤ちゃんのお昼寝は“みんな一斉に!”なんて、そろえることは難しいです。
それでも今日のお昼寝は、ふたり仲良く一緒に手を重ねてのおねんねheart02

おててつないで.jpg

 

おねんねは、赤ちゃんにとって心と体を休める効果があります。
心とはつまり脳のこと。眠たいのに寝れていないと
脳が疲れてイライラして、ご機嫌が悪くなったりすることも。
でも、あまり寝すぎてしまうと生活リズムを崩してしまうので、夕方や夜にグズる原因にもなるのです。

おねんねは、すやすや安心して眠れよう、静かで落ち着いた環境を毎日整えてあげることが大事です。

ところで、保育園では仰向けで寝かせるよう徹底されているのはご存知ですか?
それは、うつぶせ寝がSIDS(乳幼児突然死症候群)の原因の一つだと考えられているからです
園では仰向けなのに、お家ではうつぶせ寝になると、落ち着いて寝れないこともあるかもしれませんねdespair

ぜひ、お家でも仰向け寝で寝かせてあげてくださいshine

お化けがでるぞ.jpg


1歳を過ぎるとみんなで一緒にお昼寝ができるようになります。
お友達と一緒にゴロンとする環境も規則正しくお昼寝できる要素ですconfident

1歳児さんのお昼寝は、寝る前に絵本を読んであげます。
「ねない子はだぁ~れ~。お昼寝しないと、おばけがでるよ~」wink

園児たちは今日も気持ちよく、すやすやお昼寝をしましたよshine